役割

女性の体について男性が理解する事

hCGと呼ばれるホルモンは、女性の体を胎児を育てる母体に変化させる働きをすると言われていますが、その働きが強すぎると女性に精神的・肉体的な影響を与えてしまうということにもなるのですよね。妊娠中のうつ症状や不安感、イライラ、暑さに耐えられない、などの症状と関係があると考えられているのです。hCGホルモンは、リラキシンという別のホルモンの分泌を促すとも言われています。リラキシンも妊娠時にだけ分泌される特別なホルモンなのですね。リラキシンは骨盤の関節を結ぶ靭帯を緩め関節の可動域を広げる働きをするようです。どんどん大きくなる子宮を支えて、出産のときにはとくに骨盤の恥骨結合を緩め、赤ちゃんが出てこられるようにしなければなりませんから。また乳腺を刺激して乳汁を蓄えるホルモンのプロラクチンが、妊娠期間中にだんだんと増加していくことになります。つわりとは胃がムカムカしたり、吐き気を催したりする妊娠初期の症状なわけですが、。妊娠5週の終わりから6週あたりで始まって、9週を過ぎる頃に自然と消えはじめると言われますね。

22 9月 2014

自分で素敵な出会いを見つければいい

娘の幸せが母親の幸せ、というのは子育ての真理でしょう。娘が幸せになることが、親の愛情に報いる一番の方法だといって間違いないでしょう。まだきちんとしゃべれない2歳前の段階で、すでに自分が着たい洋服を主張する子もいます。ボーイッシュでキュートな服を着せたいと思っても、本人は、ピンクや赤た、かわいらしいデザインが好き。服の着方にもこだわりがあり、ウエストの位置が気に入らないとそれも言葉にならない言葉で訴える、そんな子どももいるのですよね。親が思っている、きっとこの子はこういう子どもだろうというイメージ、また、この子にはこうなってほしいという理想像は、必ずしも子ども本人の意志とは合致しませんよね。親がイメージを押しつけると、違うという反発が返ってくるのです。ごく幼いうちにこだわりを見せる子もいれば、もう少し大きくなってから主張をはじめる子どももいるでしょう。親として理解しておくべきなのは、子どもは自分の意志を持った別人格であり、親の思い通りになるわけがないということ、親のコピーなどではないということですね。娘が幸せになるために親のことなど気にせずに、家を出て自分で素敵な出会いを見つければいいんだと思います。

29 1月 2014

判断力

リーダーが事前にしっかりと計画を立てておけば、後々の業務効率もよくなるのでメンバーは本当に働きやすくなります。なのですべてのプロジェクトの報告には、次のプロジェクトの企画時に参考になるような内容を記述すべきですし、そのプロジェクトの成否を明示する評価指標を設ける必要もあるはずですね。よい面はまねをし、悪い面はその轍を踏まないように注意するという、客観的な判断が後々できるように、わかりやすくまとめる必要があるからです。企画がうまくいけば、次はこれをいかにうまく実践するかという、事前の検討が必要になってきます。実際に業務の主役となるスタッフレベルで、どのような問題が発生するかを予測し、これを評価していかなければなりません。 (さらに…)

09 10月 2013