マネジメント

射精時間を長くしたい

少しでも射精時間を長くしたいという男性のために実際に実施されている早漏の治療法というものがあるようですよ。ペニスを自分の手で刺激して射精しそうになってきたら刺激を中断する。そしてもう大丈夫だという状態になったらふたたび刺激を与えるというのを繰り返し行う。この繰り返し回数が増えるほどに持続時間も延びていくということのようです。そして次の段階は、ペニスを自分の手で刺激して射精しそうになったら、ペニスの亀頭の下の部分を親指と人指し指で挟むように圧迫する。そしてもう大丈夫だという状態になったらふたたび刺激を与える、これを繰り返し行うといいようです。次は女性に刺激してもらって上記のことを繰り返す。そして最後は、ペニスを女性の腔内へ挿入して、ゆっくりピストン運動をして、射精しそうになったらピストン運動を中断し、もう大丈夫だという状態になったら、ふたたびピストン運動を再開する。これを繰り返し行うといいようですね。射精しそうになった刺激を緩和する方法は、ほかのことに意識を集中するといいようです。さらには深呼吸するというものいいようですね。

13 2月 2015

知識だけが意味のある資源

近年、注目を集める資源として「知識」ということがよく喧伝されています。ピーター・ドラッカーが常々言っていた「知識だけが意味のある資源である」とされる知識社会において、この知識を活用しようというマネジメントが、ナレッジマネジメントということになります。つまりナレッジマネジメントとは、その対象とする限られた資源として知識に着目したものです。したがって「計画する」「組織する」「統制する」「動機づける」など、従来のマネジメントで欠かせない機能は、当然、ナレッジマネジメントにおいても必要な機能なのです。改めてナレッジマネジメントのメリットとは何でしょうか。これは知識に注目することによって、行為の本質が見えてくることです。人間の意図的な行為は、すべてが何らかの知識に基づくものですから、逆に知識のプロセスを知ることによって、人間の行為を理解できます。 (さらに…)

14 10月 2013

社会に蓄積する課題

たとえば個人で目的を達成するという場合であれば、その個人の能力の有無と環境要因ですべてが決まるということになります。しかし社会に蓄積する課題の多くは、個人的に解決することが不可能な場合がほとんどじゃないでしょうか。したがって、組織的にメンバーが協力し合いながら、効率よく課題に立ち向かっていくことになります。古典的な議論を概観してみても、マネジメントには「計画する」「組織する」「統制する」「動機づける」など、さまざまな機能があることがわかります。しかし、もう一つ見落としてはいけない視点が、その対象となるものです。すなわち「限りある資源」です。マネジメントが対象とする限りある資源とは「ヒト、モノ、カネ、情報」とされるのが一般的ですね。 (さらに…)

13 10月 2013

視野を狭くしてはならない

評価&改善のプロセスを日常業務の中に埋め込んでこそ、業務の質が高まる「よいマネジメント」の実践が可能となるんじゃないでしょうか。そして評価もまた、知識を引き出す知識として位置づけられます。通常では意識されない知識ではありますが、効果的な評価が可能になれば、評価そのものが貴重な知識として資産になるはずですね。評価指標の選び方、業務における評価ポイントなど、それがうまくいけば、プロセス全体がうまくいくという大切な知識であるはずです。さて、ナレッジマネジメントとは「知識の経営」であり「知識を管理する」ことではないですよね。マネジメントとは、狭い意味での管理ではなく、総合的な意味での経営を意図しているものでなければならないと思うんです。 (さらに…)

12 10月 2013