会話の機会が多い

有能で慕われているリーダーというのは部下との会話の機会が本当に多いですよね。そしてそこで事前に問題点などを把握できているんだと思います。面談で、スタッフ自身の実践能力の問題点が明らかになれば、その評価によって継続教育を見直す必要も出てくるはずです。この段階では業務プロセスを評価するという視点と同時に、継続教育の体制やカリキュラムを評価するという、最低でも二つの課題が存在していますよね。もし継続教育の課題のほうが深刻であるならば、業務のプロジェクトの課題よりも優先して評価・改善していかなければならないはずです。そこは臨機応変に対応してよいんじゃないでしょうか。緊急を要する問題から、手をつけるべきでしょう。そして最終的に評価すべきは、クライアントがどのようにプロジェクをを受け止めるかという視点です。最終的な目標に近い指標で測定評価することは重要です。ただし、そのプロジェクトの影響だけでなく、あらゆる実践の影響が含まれてくることを念頭に置かなければならないでしょうね。おのずとコミュニケーション能力も磨かれてくると思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です